女性のための離婚相談

女性の離婚

女性が離婚を決意する理由はさまざまです。

「価値観のちがい,性格の不一致が激しく,長年耐えてきたが,我慢の限界だ。」
「家事や育児にまったく協力してくれない。私の家事や育児をまったく評価してくれない。」
「夫が浮気をしていることが携帯電話のメールから明らかになった。」
「夫の親と折り合いが悪く,夫がこれを改善しようと努力しないどころか,夫の親と一緒になって私を非難する。」

「夫の言葉の暴力に耐えられない。」
「家庭内別居を何年も続けている。夫が帰宅する時間が近づいてくると憂鬱になる。」

 

 

女性が離婚する場合は,離婚後の生活設計を慎重に見定める必要があります。結婚や出産に伴って正社員ではなくなるなどして,夫に比べると収入がかなり少ない,あるいは無収入であるという女性も少なくありません。

 

まだ未成年の子どもがいる場合,女性が子どもを連れて離婚することが多く,離婚後の生活設計は離婚後の子どもの生活やその将来にも直結する問題となります。

 

住居をどうするか
子どもの監護や経済面でサポートしてくれる人が身近にいるか
婚姻費用や養育費がどうなるか
公的支援がどの程度受けられるか

 

などをトータルに考えて,離婚に臨む必要があります。

「離婚は女性の方が有利である。」,「法律や裁判所は女性の味方だ。」などとよく言われますが,必ずしもそのような仕組みになっているわけではありません。離婚前よりも不幸せになるのでは離婚する意味がありません。
いかに有利に,そして,どうやって法律や裁判所を味方につけるかを,離婚事件を専門に扱っている弁護士の助言を得ながら考えていくことをおすすめします。

Êk͎oH@ 075-253-0555

lbgł̑k\͂