コラム 92 すぐ離婚しそうな夫婦の特徴?

コラム 92 すぐ離婚しそうな夫婦の特徴?  2016/11/2






コラム92.jpg
 
   
 

 株式会社マイナビが運営する女性総合サイト「マイナビウーマン」で,すぐに離婚しそうに思える夫婦の6つの特徴がとりあげられていました。

 そこでは,格差婚の夫婦,結婚前から問題を抱えていた夫婦,束縛が強い夫婦,理想の結婚にこだわる夫婦,一方が我慢を強いられている夫婦,そして授かり婚の夫婦が挙げられていました。
 最初の5つは,ふたりの関係や思いに何かしら無理があったり歪みがあったりするという点では共通しているように思います。

 ただ,あくまでも離婚し「そうに思える」夫婦ということで,外からはそのように見えても,実は良好な関係の夫婦であるということもよくあります。
 反対に外からは素敵な夫婦にみえても,本当のところは離婚寸前の夫婦,家庭内別居状態の夫婦というのも珍しくありません。
 理想の男性と理想の女性が結婚しても理想の夫婦になるとは限らないというのが結婚の難しいところです。
 これまで全く別の軌跡を辿っていた線が交わったところが結婚であると考えると,今後は同じ軌跡を辿らなければならないとなれば,何か軋み(きしみ)が出ることも無理はありません。
 結婚してみないと結婚して良いかどうかは分からないというのが本当のところかもしれません。

 過去のコラムでも紹介しましたが,結婚前に同居したり,それが無理でも海外旅行に出かけたりすることは,とても参考になります。
 コラム 38 恋人と海外旅行もせずに結婚してしまってよいのか!? 2016/4/12
  
 結婚するかどうかは,それから決めるのでも遅くないはずです。

 しかし,そのような悠長なことも言ってられないのが,授かり婚,できちゃった婚です。
 この相手と結婚すべきかどうかを十分に吟味する前に結婚を決めるためか,たしかに,離婚に至るケースが多い気がします。
 しかも,比較的早いタイミングで離婚の問題に直面することが多いです。

 結婚するだけなら,一緒に暮らすことを除けば,それほど大きな変化はありませんが,子どもができるとなると,ふたりを取り巻く環境が一変します。
 互いの親との関わりも多くなりますし,いろいろと決めごとも必要になってきます。特に女性の方は,妻であることと母であることをほぼ同時にスタートさせることになり,その負担・ストレスはとても大きなものになります。しかも,子どもという小さな存在がふたりの生活の中心となり,何かと振り回されることになります。
 いきなりふたりは「有事」を迎えることになると言えます。
 ただ,時には衝突しながらであってもこの難関をともに乗り越えることができれば,ふたりの絆はより一層深まり,それこそ理想の夫婦になれるのかもしれません。

弁護士 大川 浩介


 

バックナンバーはこちら>>

 
 

Êk͎oH@ 075-253-0555

lbgł̑k\͂